3Sセグメント工法

3Sセグメント工法は、老朽化した下水道管きょの形状(円、短型など)を考慮した、透明で軽量な(1ピース当り最大4s程度)更生用プラスチック製セグメント(以下、3Sセグメント材という)を人力にて既設入孔入口から搬入し、既設管内にて運搬を行いボルト・ナットで組立てます。その後、既設管と3Sセグメント材との隙間に3Sセグメント用充填材(以下・3S充填材という)を注入し、3Sセグメント材、3S重填材および既設管を一体化した複合管を構築する工法です。